• トップページ
  • 講演会「さあ自分の血圧を測りましょう-大迫町家庭血圧測定事業30年の歴史から-」を開催します。
会員募集中
入会方法
血圧について
あいづじげん商品券取扱い店舗

講演会「さあ自分の血圧を測りましょう-大迫町家庭血圧測定事業30年の歴史から-」を開催します。

日本の研究が、WHO(世界保健機関)の家庭血圧世界基準を決めたことをご存知でしょうか?

今から30年前、岩手県・旧大迫町(おおはさままち)において、中学生以上の町民全員が家庭血圧の測定に取組む、という事業が始まりました。

一見無茶に思えるこの事業は、その危惧に反して、大多数の町民が積極的に参加するところとなり、花巻市となった現在も旧大迫町地域において継続して行われています。

また、この事業によって病気になりにくい家庭血圧値(のちの家庭血圧の世界基準)が判明するだけでなく、今では常識となっている家庭血圧と脳・心臓疾患の関係性を明らかにするなど医学の進歩にも大きく貢献した取組みとなりました。

この度は、旧大迫町の事業の発起人の一人である今井潤先生をお招きし、その全容をご講演頂きます。

皆さま奮ってご参加ください!


日時:2017年1月28日(土)14時~16時(13時30分開場)

場所:新鶴公民館 視聴覚室(大沼郡会津美里町鶴野辺字廣町730)

演題:『さあ自分の血圧を測りましょう-大迫町家庭血圧測定事業30年の歴史から-』

講師:今井潤(いまいゆたか)先生(医師・東北大学大学院薬学研究科教授)

参加費用:無料・申込み不要

参加資格:特になし

講演会チラシ